予防歯科の内容

当院が最も力を入れている部分です。

これからの歯科は虫歯や歯周病で悪くなったところを治すだけでなく、健康な状態を維持するほうが重要だと考えています。予防歯科では、定期的な口の中のチェック、虫歯・歯周病の検査と清掃を行います。

定期健診

歯と口の中、ひいては全身の健康のために定期健診(3〜6ヶ月に一度)を受けられることをお勧めします。病気にならないことが一番良いことなのはもちろんですが、虫歯や歯周病になったとしても早期発見・早期治療が最善の治療方法です。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科衛生士による歯のクリーニングを行います。バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊を専用の機械を使って除去していきます。

フッ素塗布

乳歯や永久歯が生えたばかりの時は歯の表面が柔らかく虫歯になりやすい状態です。その時期に定期的(3〜4ヶ月に一度)にフッ素を塗ることで歯の表面を硬くし、虫歯になりにくくします。

 

大人の方のメンテナンスはケア専用個室(ドリルフリーゾーン)で行います。

定期健診の流れ


お口の状態のチェック

プラークの染め出しを行い、磨き残しの部位を確認します。

歯周ポケット(歯と歯茎の間の深さ)のチェック

歯の動揺度(動き)のチェック

↓

歯石除去

専用の超音波の機械を使って歯石を除去します。

必要な方は細かい部分をハンドスケーラーで取っていきます。

↓

歯のクリーニング

歯の表面を滑沢にしてきます。歯にこびりついた汚れ(バイオフィルム)を落とし、口の中の細菌を除去していきます。

(歯石除去しただけでは、表面に細かい傷が付くため研磨剤による研磨が必要です。)

最後にフッ素でコーティングして、細菌の再付着を防ぎます。

歯周病、虫歯予防についてのサイト

別ウインドウで開きます。

 はははトーク

予防についてわかりやすく書かれているサイトです。

▲このページのトップに戻る