小児歯科

 

小児の治療コンセプト

 

 

子供たちにとって、最初の歯科医院との出会いで歯科に対するイメージが決定してしまいます。

最初に嫌な思いをしたり、痛いことをされたりするとずっと悪いイメージを持ってしまいます。

そうすると大人になってからも歯医者が嫌いになり、痛くなったり腫れたりという症状が進行してからの受診となり、痛みを伴う治療が必要になってしまいます。

その結果、ますます歯医者は嫌な行きたくない場所になってしまいます。

まつざわ歯科クリニックでは、虫歯で痛くなってから治療に行って嫌なことをされる歯科医院ではなく、そうなる前に、健康維持のために子供たちが笑顔で喜んで通いたくなるような医院作りを目指しています。

こわがりの子の治療

 

慣れるまで何度か通院してもらう

人見知りが強いタイプの子供や恐怖心が強い子供も、担当のスタッフや歯科医師と慣れることで徐々にうちとけていきます。

また、歯医者さんで使う機械を少しずつ体験することで治療を受け入れてくれるようになります。

頑張って治療ができればご褒美をプレゼント

一生懸命頑張って治療できた子供にはちょっとしたプレゼントをお渡しします。

お母さんと離れてみる(3歳以上の子供)

歯医者のスタッフや歯科医師に慣れても子供さんはお母さんが横にいると甘える気持ちが強くなってしまいます。お母さんが離れると実は急に上手にできることがあります。この場合はお母さんが子供さんの様子が気になられると思いますので、こっそり子供さんが頑張っている姿を見てもらいます。

保護者の方へのお願い

 ・お昼寝の時間は避けて予約をしてください。

  (本当は上手にできるのに、眠くて機嫌が悪くなってできなくなってしまいます)

 

・小さなお子さんの治療は、その子のペースにあわせて行いますので焦らないでください。

 お忙しい中、「できるだけ早く終わらせたい」と思われるかと思いますが、治療の回数をちょっとでも少なくするために、押さえつけて泣かせながら治療をすると歯医者嫌いになってしまいます。

 (早急に治療が必要であれば押さえつけて治療をすることもあります)

 

・大人の場合と違って、小さな虫歯から少しずつ慣れていってもらい、自信をつけてから大きな虫歯の治療に入っていくこともあります(痛みが強くない場合)

 

・子供たちに「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行くぞー」「歯を抜いてもらうぞー」とか言わないでくださいね。歯医者は痛い・怖いところというイメージが刷り込まれてしまいます。

 

・上手にできたら大げさにほめてあげてください。

 逆にできなくても怒らないでください。次はできるようにお家でも少し練習してみましょう。

▲このページのトップに戻る