タービン(削る器械)の消毒について

2014年5月18日、ヤフーニュースに掲載されていた記事についてです。

 

記事では、「歯科医院のタービンを患者ごとに滅菌している医院は3割のみ」とのことでした。

では7割の医院さんではどうしているのでしょうか?

おそらくそのまま使うということはありえないと思いますので、消毒薬などで拭いているのでしょうか?

ただしそれだけではかなり危険だと考えられます。

その理由は、タービンという器械は高速で内部の羽根を回してその回転力で削っており、急に止めた

場合には内部に少し吸い込む性質があります。(最近のタービンは改善はされてきてはいますが)

そうすると、前の方の治療の際に出血があったりした場合は内部に血液を少し吸い込んでいる可能性

が捨てきれません。 それを表面だけ拭いただけでは不十分だと思いませんか?

 

当院では外部の講師によりスタッフ全員が滅菌・消毒についての指導を受けております。

その方の指導によりタービンだけでなく、削る部分(バー類)まですべて滅菌して使用しています

 削るバーがガラスのお皿に入っていて、そこから取り出して使用している医院さんはバーは滅菌していません


当院の滅菌・消毒についてお話を聞きたい患者さんがいらっしゃいましたら、受付までお申し付けいただければいつでも内部をご案内致します。

▲このページのトップに戻る